今流行りのケータリングとは?

ケータリングとは?ケータリング専門業者を利用してみましょう! - ケータリングを行う時の許可や資格について

ケータリングを行う時の許可や資格について

ケータリングのサービスを東京で行おうとする時には、許可や資格は要らないのでしょうか。
今まであまり考えずに依頼をしていただけに、許可や資格について考えたことは無いという人も少なくありません。

料理を提供する立場

ケータリングの場合は、料理を提供する立場にあります。
こういう立場の場合には、必ず許可や届け出を行うことが義務づけられているのです。
事業の開始届けについては税務所に提出が必要になるのです。
そう考えると、ケータリングサービスはきちんとした許可があってこそ、成り立つサービスということになりますね。
不安を感じて利用をすることなく、この許可をしっかり持っている業者のサービスであると思うと、利用をする時にも気持ちが楽なのではないでしょうか。

店を経営している人の場合

店を経営している人が、その場所で料理を提供する場合には営業許可を得て店を経営するので、問題はありません。
でもイベントやパーティに行って、料理を提供するということになると、管理する保健所に届け出を出して、営業許可を得ることになるのです。
ケータリングというと、利用をする方はとても便利で手軽なイメージですが、実際にサービスを行う方としては、そういった手順を踏んでいることになります。

資格により変わることも

調理師や栄養士などの資格を持った人の場合は、申請だけで良いです。
もしも資格を持った人がいない場合は、保健所で講習を受ける義務があるのです。
資格を取得しているかどうかによっても、ケータリングサービス業の有り方が変わってくることになるのです。

安心して利用するためにも

ケータリングサービスを安心して利用するためにも、これらのことについては知っておいた方が良いですね。
その方が、今後も利用がしやすい場合が多いのではないでしょうか。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

Copyright(C)2016今流行りのケータリングとは?All Rights Reserved.